国内あるいは海外に旅をしに行く場合、利用者は予め知っておかなければならない事が在ります。

海外旅行をする際の注意点
MENU
海外旅行をする際の注意点

海外旅行をする際の注意点

国内あるいは海外に旅をしに行く場合、利用者は予め知っておかなければならない事が在ります。それは、日本国外に行く場合、それは日本から出る事になり、海外に行く際は旅券を所持しなければならなくなります。 旅券ですが、これは外務省あるいは同省の出張機関等で発行の手続きを行う事で取得が可能となります。旅券ですが、これは身分証にもなります。海外に行く際は、基本的に所持する事は必須条件となっており、これを怠ると密入国者とみなされて犯罪となります。

海外に行く場合、日本における公的な医療保険制度の適用は無くなります。日本国内で健康保険証等を持っていれば、国内の診療機関で受診はできますが、海外では「只の紙切れ」に過ぎません。海外では、現地での医療制度の適用を受ける事になっており、渡航する際には必要に応じて海外旅行保険に加入すべきとされています。 海外を旅する際の専用の保険ですが、加入をする事はもはや必須条件となっています。海外に行った場合、現地で病気になったり、怪我をする事は無いとは言い切れません。海外の医療制度を利用するには、海外旅行保険に加入していないと思わぬトラブルに遭う危険性が高まります。

海外に行く場合、日本国で通用するルールは基本的に除外されると思うべきです。例えば、普段何気無く使っている身振りが、海外では侮辱行為となる事が在るからです。ヒンズー教のインドの場合、子供の頭を手で撫でる行為は「神を冒涜する行為」とされており、ヒンズー教では人の頭には神が宿っているという教えが在り、「郷に入れば郷に従え」となります。 また、日本国内で適用される法律ですが、海外でも例外的に適用される場合が在ります。例えば、日本国の船舶若しくは航空機で海外に渡航した場合、現地に着いたとしても機内に居る間は機内そのものが日本国とみなされる事になっており、これは知っておくべき豆知識となっています。